使って納得アフターピル

使って納得アフターピル

急な妊娠の可能性にはアフターピルを。いつも避妊を心がけていても、コンドームが破れたり望んでいない妊娠を余儀なくされたり、女性には急な妊娠の危険性が日常に潜んでいます。そのため常にアフターピルを備えておくことをオススメいたします。

急な妊娠の危険にアフターピルが有効です

アフターピル(緊急避妊ピル)とはホルモン剤の一種で、性交渉の後に服用することで望まない妊娠のリスクを回避する薬です。
性交渉中に避妊が十分でなかったと気づいた場合や無理矢理避妊なしの性交渉をされた場合に特定の方法で72時間(3日)以内に服用すると、薬の飲み忘れ等がなければほぼ確実に望まない妊娠を防ぐことができます。
アフターピルの処方は産婦人科の受診が必要で、大抵は問診後にすぐに処方されます。
事件性のある緊急避妊が必要な場合は、警察で処方を受け付ける場合もあります。
処方される場合は年齢制限はなく、妊娠可能な年代の方なら誰でも服用が可能です。
このように書くと「こういう便利な薬があるのなら、何もいつも避妊しなくても性交渉の後にアフターピルを飲めば良いんだ」と思われるかもしれませんが、アフターピルはあくまで「緊急的な避妊」です。
アフターピルは女性の身体に負担がかかる場合があり、副作用として吐き気・嘔吐・頭痛があり、服用後は大半の方が生理が早く来るのですが、中には生理が遅くなる方もいます。
処方には保険が適用されません。「身元を知られたくない」という時には助かると思いますが、同時に費用はその分高くなるのでご注意下さい。
それでも、人工妊娠中絶時の母体の負担や費用から考えたら、アフターピルを利用する方が格段に安全ですし費用も少なくて済みます。
アフターピルでの避妊は「妊娠しないための最終手段」であり「緊急的な処置」となります。
便利とはいえ女性の身体に少なからず負担はかかるので、何らかの事情で妊娠を望まない方であれば、毎日飲むタイプのピルの服用やコンドームを使った避妊法を利用していただいて、本当に緊急の場合のみアフターピルを利用して望まない妊娠を防いで下さい。

低用量ピルとアフターピルの使い分け、違いについて

同じピルという名前がついていても、低用量ピルとアフターピルでは使い方が違ってきます。
低用量ピルは基本的には毎日服用します(飲むのを休止する期間等、服用する低用量ピルにより様々です)服用する低用量ピルの飲み方に従って飲んで行くことで、目的は女性ホルモンの分泌をコントロールし、避妊効果を上げることです。
生理周期による女性ホルモンの分泌を低用量ピルで調整することで排卵しないようにすることで避妊を目指すものです。
計画的に今は妊娠をしたくないという人や、女性の生理痛や経血量が多い人が治療として服用するものです。
それに対してアフターピルは、コンドームが破れるなどの避妊の失敗や、性犯罪などで望まない妊娠を避け、望まない妊娠による人工妊娠中絶を減らすためのものです。
受精卵が着床しにくくするもので、中絶のための薬ではありません。
アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれていて、その時だけの緊急の手段です。服用は手法によりますが1回または2回で終わります。アフターピルはあくまで緊急の手段のため、性交渉後毎回行うような避妊方法とは違います。
一時的にですが女性ホルモンのバランスを乱すことになるため、何度も行うと身体に大きな負担がかかります。
低用量ピルもアフターピルも「妊娠しないようにする」という意味では同じかもしれません。
しかし、計画的な避妊と突発的な事態へ対処するための避妊のため、同じ避妊でも意味が違ってきます。
今は妊娠を望んでいないという人は、決められた周期で低用量ピルを飲み妊娠を避ける方法を取りましょう。
そして、万が一の事態が起きて妊娠してしまうかもしれないけれど、今は妊娠を望んでいないという時にアフターピルを使用するようにしましょう。

アフターピルの効果と副作用

アフターピルは、毎日続けて飲むことで避妊効果を得られる低用量ピルとは異なる緊急避妊薬です。
セックスの際に、避妊をしていたのに失敗したとき、あるいは始めから避妊をせずに行った場合に、72時間以内に服用することで避妊を回避できる薬で、モーニングアフターピルとも呼ばれます。
アフターピルに含まれる女性ホルモンが、体を妊娠に近い状態にすることで避妊効果を得るものですが、服用しても必ず妊娠しないというわけではなく、飲むのが遅かったり吐いてしまって薬の効果が薄まってしまった場合には妊娠している可能性があります。
本来、服用すると早くて数日か、あるいは遅くても3週間以内に出血が見られますが、3週間を過ぎてもそれが見られなかった場合には避妊回避できていない確率が高いので早めに産婦人科に受診するのが望ましいでしょう。
アフターピルを服用すると、体に大量の女性ホルモンが入ってくるので副作用が起こることがあります。
胸の張りや頭痛、腹痛などの軽い症状から、吐き気や嘔吐などの症状まで個人差がありますが、もし嘔吐して薬も一緒に吐いてしまった場合には薬の効果が弱まってしまうので、もう一度服用する必要があります。
アフターピルは基本的に婦人科で処方してもらうので、予め吐き気止めも一緒に出してもらうようにすると良いでしょう。
もし頼むのを忘れた場合には、市販の車の酔い止めでも効果があるようです。
アフターピルによる副作用は服用後2日もすれば落ち着いてきますが、これにも個人差があり、長い人では1週間位続く人もいるようなので、あまりにひどい場合は処方箋を出してもらった婦人科で見てもらうようにしましょう。
アフターピルは緊急避妊薬ですが、回避できるからといって女性の体にかかる負担を相当なものですので、必ずセックスの際には避妊するようにしましょう。

↓低用量ピルマーベロンのジェネリックがあります
ノベロン