使って納得アフターピル

急な妊娠の可能性にはアフターピルを。いつも避妊を心がけていても、コンドームが破れたり望んでいない妊娠を余儀なくされたり、女性には急な妊娠の危険性が日常に潜んでいます。そのため常にアフターピルを備えておくことをオススメいたします。

アフターピルを服用するならたばこの喫煙は避けよう

アフターピルは、性行為の際に避妊に失敗してしまったときや予め避妊せずに行った場合に、妊娠を回避できる緊急避妊薬です。

72時間以内に服用することで避妊効果を得られ、飲むのが早ければ早いほど効果が高いとされています。
アフターピルに含まれる大量のホルモンが体内に入ることで体を妊娠した時のような状態にすることで避妊を回避しますが、服用時間が72時間以内を過ぎてしまったり、副作用による嘔吐で薬も一緒に吐いてしまった場合には効き目が薄れてしまうので妊娠する可能性が高くなります。

アフターピルを服用すると様々な副作用が起こります。

頭痛や吐き気、めまい、胸の張りなどの軽いものから、血栓症になるリスクもあります。

血栓症になるリスクは、普通の人ならあまり起こることはなく問題はないのですが、たばこの喫煙者の場合にはこのリスクはさらに向上するので注意が必要となります。

アフターピルは服用することで血栓ができやすくなるため、たばこの喫煙することで、たばこに含まれるニコチンが血管を収縮させる作用により血栓症になるリスクが高くなるのです。
アフターピルに限らず、低用量ピルを服用する場合にもタバコを吸うことで血栓症になることがあり、睡眠不足によっても血栓症になる可能性が高くなるので睡眠もしっかり取っておくようにするのが望ましいでしょう。

アフターピルを服用する場合には、禁煙するかあるいは服用期間だけはたばこの喫煙を控えるようにしましょう。
また、処方してもらう婦人科の医師にも相談してみることをおすすめします。

アフターピル自体が、女性の体に多くの負担をかけるものなので、体の不調が気になる人はなるべくリスクの少ない方法で服用するようにしましょう。