使って納得アフターピル

急な妊娠の可能性にはアフターピルを。いつも避妊を心がけていても、コンドームが破れたり望んでいない妊娠を余儀なくされたり、女性には急な妊娠の危険性が日常に潜んでいます。そのため常にアフターピルを備えておくことをオススメいたします。

ダイアン35とアフターピルの特徴と生理との関係

性行為時に子どもを望まない場合や妊娠できない状況の時に女性の強い味方となるのが避妊薬です。現在国内で主流となっているのは低用量ピルという避妊薬であり、ダイアン35もそんな避妊薬の中の1つです。ダイアン35は小柄なアジア人に向けに開発された低用量ピルです。ダイアン35に含まれる酢酸シプロテロンの作用が男性ホルモンの働きを抑制することで、排卵を起こりにくくするという特徴があります。またダイアン35には女性ホルモンの成分も含まれており、この成分が子宮の粘膜を丈夫にし精子が入り込みにくい環境へと促します。さらに万が一受精しても着床しにくい状態を作るなど、トリプルブロック作用で高い避妊効果を実現しています。ダイアン35は小柄なアジア人向けに考えられて製造されたため、気になる副作用も少ないと言われています。しかし低用量ピルでしっかりと避妊したはずが、失敗していたということも少なくないといいます。アフターピルとは性行為で避妊に失敗した場合、やむをえず緊急の避妊を行うための方法です。現在国内のアフターピルには2つの方法が用いられています。1つは中用量ピルを使用するヤッペ法です。性交後から72時間以内に中用量ピルをアフターピルとして必要な2錠程度服用します。その後12時間後に再度中用量ピルを服用するのがヤッぺ法の特徴です。もう1つは低用量ピルを通常の倍以上に服用して妊娠を回避する緊急避妊法です。このようなアフターピルを用いて妊娠が回避できたかどうかの判断基準は、女性の生理現象で分かるといいます。アフターピルを服用すると早い人では数日間で生理がくるといいます。また普通の人でも約3週間以内に生理がくれば避妊は成功したといえます。このようなアフターピルの効果を正しく認識して使用するには、医師のアドバイスをしっかりと守ることが何よりも大事なポイントです。